タカキタ
ホーム サイトマップ English 中国語 韓国語
 
製品情報 会社案内 IR情報 採用情報 資料請求・お問い合せ

 ホーム > 製品情報 > 刈取・反転・集草 > ロータリレーキ

ロータリレーキ

 

牧草・稲ワラ・麦ワラの集草を省力化

ロータリレーキ

TR2260・TR2660


TR2660

 

特長

  • 新型3Dカムにより、素早く正確なタインコントロールを実現し、振動と騒音を低減しスムーズな動きで集草性能を向上しました。
  • 各アームにタインを3列装備。ストレート形状のタインで切ワラの集草ロスも低減しました。
  • タインアームの回転によって牧草をかきよせ、キャンバスの調節でお好みの集草幅に仕上げます。
  • 集草と簡易反転・拡散との切り替えは、レバーの向きを変えるだけで行えます。
  • タインとアームとの接続部分の突起物を無くし、牧草のからまりによる持ち回りを少なくしました。
  • タイヤのトレッド幅を従来機に比べ大幅に広げることで、重量バランスを安定させ、脱着時に手押しでの移動が楽に行えます。
    ≪トレッド幅≫ TR2260:450mm、TR2660:630mm
  • 回転するタインアームに対する接触防止のための安全ガードを標準装備。


新型3Dカム

集草・簡易反転・拡散切り替えレバー


キャスターフリー機構(TR2260)
作業時にはタイヤの向きをフリーに設定でき、追従性が良くなります。そして、トラクタへの脱着・格納時にタイヤが固定でき安定した姿勢で行えます。


高さ調整機構
ピンの位置の差し替えでタイン高さが調整でき、より最適な作業高さが選べます。
TR2260:15mmピッチ/6段階
TR2660:7mmピッチ/9段階
コンパクト格納機構(TR2660)
タインアームを取り外せて、コンパ クトに収納できます。
 

フリースイング機構(TR2660)
トラクタへの 追従性が良く、コーナーでの作業もスムーズに行えます。
機体を持ち上げるとトラクタと平行の位置に戻り、次の列へ作業がスムーズに入れます。

キャンパス跳ね上げ機構(TR2260)
キャンパスは跳ね上げ式で反転・拡散への切り替えが簡単に行えます。

仕様

型式 機体寸法(mm) 機体質量
(kg)
作業幅
(cm)
タイン
アーム
(本)
適応トラクタ
(kW{PS})
作業能率
(min/10a)
トラクタ装着方法
全長 全幅 全高




TR2260 2060 1750 1850

2200
960 135 170〜220 4 11.0〜22.1
{15〜30}
5〜9 3P直装
(カテゴリ0・T)
〔日農工標準  
オートヒッチ0S対応〕
注)
TR2660 2350 1035 最大
2750
975 195 270 6 13.0〜29.5
{18〜40}
4〜8 3P直装
(カテゴリ0・T)

注)日農工標準オートヒッチ0Sに対応する為に別売のTR-0Sが必要です。

※仕様及び写真は改良のため予告なく変更する場合があります。

カタログダウンロード


アドビリーダーのダウンロード

※PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでないかたはAdobe社から無料で配布されていますので、 左の「Get Adobe Reader」アイコンをクリックしてダウンロードしてください。

 
個人情報保護方針
Copyright(C) Takakita Co., Ltd. All rights reserved.