タカキタ
ホーム サイトマップ English 中国語 韓国語
 
製品情報 会社案内 IR情報 採用情報 資料請求・お問い合せ

 ホーム > 製品情報 > 牧草・ワラ梱包 > 自走ラップマシーン

自走ラップマシーン

 

ディーゼルエンジン搭載!
積み込み・ラッピング・運搬を1台で!!

SW1120D・SW1120DM

 

特長

  • ディーゼルエンジン搭載
    作業効率、コスト低減(低燃費)、作業負荷軽減を実現しました。(従来機比約25%の燃費低減を実現)
    最大出力13.5馬力で、圃場での作業時における走行も速度低下が少なくなりました。
  • 大容量燃料タンク搭載
    1回の給油で従来機比約3倍となる6時間以上の連続運転が可能になりました。
  • キャノピー標準装備
    炎天下での作業者の疲労度を軽減します。
  • フィルム幅75cmにも対応
    ストレッチ機構はフィルム幅50cm×2本のダブルストレッチ仕様。
    さらにフィルム幅75cmにも対応できます。(シングルストレッチ)


  • フィルム消費量10%削減
    フィルムの延伸率を見直してフィルム消費量を従来機比約10%削減しました。
  • スピーディな動作で操作性向上
    油圧ポンプ能力を倍増し、最大500kgの高密度ベールに対応しました。
    ※リフトアップ時は最大450kgのベールまで可能
  • 積み込み角度センサ採用
    自動による積み込み、荷降ろし作業時にもエンジン回転数に影響されずに動作し作業がスムーズに行えます。
  • メンテナンス作業が容易に
    エンジンカバーは工具が不要でフルオープンできます。


  • ロール縦降ろし装置を標準装備
    縦降ろしにより、フィルム層が厚い底面に接地し、突起物等による穴あきを抑制できます。
  • 防水コントローラ&マルチレバー
    フィルム巻き数や各種設定はコントローラのボタンにより、簡単設定。


    マルチレバー1本でロールベールの積み込み、走行の操作が可能。


  • ロングクローラ装備
    走行部は幅280mm、接地長1340mmのロングクローラを接着し、軟弱地でも安定した走行が行えます。


  • ベール質量簡易測定装置(SW1120DM)
    テーブルにベールを積み込み質量測定が行えます。
    ※ベール質量を簡易測定する機能であり、計量法に定める特定計量器には該当していません。
 

仕様

カタログダウンロード


アドビリーダーのダウンロード

※PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
お持ちでないかたはAdobe社から無料で配布されていますので、 左の「Get Adobe Reader」アイコンをクリックしてダウンロードしてください。

 
個人情報保護方針
Copyright(C) Takakita Co., Ltd. All rights reserved.