タカキタ
ホーム サイトマップ English 中国語 韓国語
 
製品情報 会社案内 IR情報 採用情報 資料請求・お問い合せ

 ホーム > ユーザー訪問 > お客さま

ユーザー訪問

兵庫県赤穂市
丸尾 建治 様
(24歳)
 

丸尾さんは兵庫県の南西部、岡山県との県境にある赤穂市で、おじいさんが昭和31年に酪農を始められ、昭和46年にご両親が後を継がれ、そして現在ご両親と奥さんの4人で45頭の搾乳牛を始め90頭の牛を飼育されています。

 

丸尾さんのご家族の声

『暑い中一番しんどい作業が省力化でき体も楽になった!!』

丸尾牧場の近況

  • 丸尾さんのお父さんは現在西播酪農組合の組合長をされており、丸尾さんご自身は4年前から就農され、今は奥様も含めご家族4人で45頭の搾乳牛中心に約90頭の牛を飼育されています。また、丸尾さんご一家は古くからのタカキタの大ファンで、
    ブロードキャスタ(BC260)
    マニアスプレッダ(DH1870)
    ディスクモーア(CM217)
    ロータリテッダ(RT3110)
    ロータリレーキ(TR285DS)
    パワーロールべーラ(RB1250HD・CR1060W)
    ラップマシーン(WM1000E)
    と、一連のタカキタ作業機で体系を組んで戴いています。さらに今年、パワーロールべーラCR1255WX(右写真下)とリモコンラップWM1550R(右写真上)を更新して戴きました。
 


丸尾さんご夫婦と大変ご満足頂いているリモコンラップWM1550R

  • 今春、約30haの牧草収穫作業をされ、丸尾さんがロールべーラ・ラップマシーンのオペレータを、お父さんができたロールの運搬・保管と仕事をそれぞれ分担して行われました。「作業が1人でできるし、暑い中で一番しんどい作業が省力化できて楽になった。本当に買ってよかった。」とお父さん。一方、CR1255WXで作業をされた丸尾さんは、「草の多い所で何度か詰まりかけたが、運転席から油圧でナイフホルダーを下げ詰まり解消ができたので非常に楽になった。」とご好評を頂きました。また、今年の秋に約10haの稲ワラ収集を予定されています。
  • 懐かしい作業機や今年導入いただいた作業機が活躍しているスナップ写真を送っていただきました。
         
   
レポート/中国営業所 伊庭愼治

戻る

 
個人情報保護方針
Copyright(C) Takakita Co., Ltd. All rights reserved.