タカキタ
ホーム サイトマップ English 中国語 韓国語
 
製品情報 会社案内 IR情報 採用情報 資料請求・お問い合せ

 ホーム > 先進地探訪 > 鳥取編 イネホールクロップサイレージへの取り組み/収穫体系

鳥取編 イネホールクロップサイレージへの取り組み

「こだわり鳥取牛」 鳥畜の連携 収穫体系 TMRセンター まとめ
 
 

安心にこだわったエサづくり
鳥取県畜産農業協同組合

イメージ画像

収穫体系

イネホールクロップサイレージ  

鳥畜は、耕種農家との連携で、飼料イネの栽培をすすめた。

飼料イネの収穫は、コントラクターが活躍した。

収穫作業機は、タカキタの「ホールクロップ収穫機」と「自走ラップマシーン」を使ったシステムだ。

「ホールクロップ収穫機」1台と「自走ラップマシーン」2台をセットにして作業の効率を上げた。


毎年、飼料イネの作付面積を拡大している。


  2001年 2002年 2003年
作付面積 20.3ha 40ha 80〜90ha
収穫数 1,647ロール 3,777ロール  



鳥畜は、コントラクター組織を整備した。

同時に「ホールクロップ収穫システム」も 3セットに増やした。

組織的なイネホールクロップサイレージづくりが 本格的に動き出した。

 
イネホールクロップ収穫作業体系

刈取り



刈取り

受渡し



受渡し

ラッピング

ラッピング

※写真はイメージ図です。

関連製品

 
個人情報保護方針
Copyright(C) Takakita Co., Ltd. All rights reserved.